ヨーロッパのいろいろな歴史

4 Nov 2019

ヨーロッパには長い歴史といろいろな文化が混じりあっていますね。

日本と違い、かなりオープンな文化を持っています。

最近日本でもブームとなっているポーカー、テキサスホールデムもヨーロッパではかなり昔から親しまれて来ました。

EPT(ヨーロピアン・ポーカー・ツアー)など、ヨーロッパの各都市で大会が開かれ、世界中からたくさんのポーカープレイヤーが大きな賞金を目当てに集まって来ます。

日本から参加する日本人プレイヤーさんたちも近年増えているのです。

これらの大会は頻繁に、ヨーロッパに古くからあるカジノなどで行われます。ヨーローパのカジノはバロック調のもの、ロココ調のものなど、訪れて建物を見学するだけでもいいものです。

そしてカジノの中に入ると、それはそれは優雅で豪華な装飾がされています。

世界中から訪れる観光客たちも、カジノゲームはしなくとも、カジノ見学をしに訪れる人たちも多いですね。

そこでゲームのルールを知っていれば、ちょっとプレイしてみるのも楽しいのではないかと思います。

中でもポーカーはスキルのゲーム。ポーカーが強い方なら、ヨーロッパの格式の高い建物の中でプレイするのも、優雅な気分に浸れるでしょう。

そして勝利すれば、旅ももっと優雅なものになること間違いなしです。

 

ヨーロッパの歴史を紐解く

こちらは、ヨーロッパの歴史についての解説ブログです。
西欧の国々が現在の形となるまでには、複雑な歴史を経ています。特にイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリアなどの大国の動きは、政治、金融、文化芸術などあらゆる側面において現代にも影響しています。

西欧史の書籍は数多く出ていますが、当ブログではなるべくわかりやすくその概要を説明していきます。